文字サイズ(||)|サイトマップ | お問い合せ 
声育
| 声育とは | 声育士 | 資格認定 |
「声育」は、心と身体の健全育成の為に感声アイモが生みだした言葉です。



声育とは

 知育・徳育・体育につづき「食育」が提唱されています。「声育」はそれに続いて感声アイモが提唱する心と体の健全育成の考え方と実践の全体を指します。
 「声育」は数十年に渡る研鑽と実証・多くの諸先輩の御指導・御協力によって感声アイモがまとめ、特定非営利活動法人設立以来提唱してきたものです。

 日本人は、国語(日本語)で育ち、心・精神・人格・文化・習慣・歴史・知識等々の全てが伝えられ、胎児から始り一生涯続きます。

 この「声」による育成の根幹が現在大きく揺らいでいる感があります。感声アイモはこの点に注目し研究と実践を重ねてきました。

 そこには一つの仮説がありました。
1、 心の育成が出来なくなり、基礎体力が低下してきた原因の一つに鮮明で美しい日本語が話せなくなっている事が原因にあるのではないか。
2、 そうとすれば、鮮明で心に響く「声」を活用すれば美しい心を伝え、心の育成自体が可能になり、あらゆる人が美しい感動の中で育む事が出るようになるのではないか。

 この仮説のもとに知的障害・精神障害と言われてきた心を感じる人たちに「感声」の「声」で研修・訓練を行ってきました。

 「あいうえお」と「おくの細道」の詠唱を中心とした「感声」を聞いて頂いた瞬間に心が開き楽しく元気に明るくなり、表情もニコニコと美しい笑顔になりました。

 そこで「感声」で心と体を育む「声育士」の育成を独自の研修会と合わせ知的障害者更生施設・授産施設・小規模作業所等々で進めています。

 心を育む力が高まれば知的障害・精神的障害と言われている方々との楽しいコミュニケーションが出来ます。 それは今日までの感声アイモの実践の中で証明されてきました。
 「声育」の技術を多くの人が修得すれば、社会性を高め地域参加・活躍・社会自立の道は着実に開かれると確信しています。

 「感声の声育」で「DV・就学前発達障害児・小学生低学年のうつ症」についても訓練しそれぞれの進行状態に違いがありますが、全快または改善の方向に向かいました。
 御家族や施設関係者が心配するパニックは、今日まで一度もありません。「感声」が安定した精神状態を作るようです。食事の時に精神安定剤を服用する方もいらっしゃいますがそれがなくもと心が安定して元気に絵画製作を行った経験もあります。
 このように「声育」は、感声により心の育成が出来た実証に基づいて確立されてきた極めて実践的な訓練方法と考え方の全般を指しています。

声育士

戻る
「声育士」は「声」で社会貢献するプロフェッショナルの資格です。
 声育士・1級声育士・2級声育士・3級声育士の資格があり、それぞれ実力に応じて感声アイモが認定します。

声育士は1・2・3・4・5級声育士を養成し全ての人に「美しい日本語の響き感声」を研修・指導できる実力を有します。
 同時に、それを望むあらゆる人の社会参加・社会活躍・自立を実現して社会福祉・地域教育に貢献し、安全・安心と豊かな未来ある社会の健全発展を具体的に実現する資格です。

1級声育士は 健全な心と身の健康を実現し、2級・3級の声育士を養成します。そして心を感じる「心感者(心の人)」(知的障害・精神障害と言われている人)を含め幼児・児童・成人・高齢者等々にかかわらず全ての人に感声の発声訓練・指導が出来る能力と実力を有する資格です。

2級声育士は、心と身体の健康回復・維持・増進を実現し、3級の声育士を養成します。そして成人・高齢者に発声訓練が出来る能力と実力を有する資格です。

3級声育士は、自身の心と身体の健康回復・維持・増進を実現し、家族の訓練ができ子・孫等々の健全な育成に貢献できる力を有する資格です。

4級声育士は、感声トレーニング研修を受け、その内容と訓練方法を理解し、実際に発声の訓練を6ヶ月以上毎日行い、基本的な発声が出来たことを証明する資格です。

5級声育士は、感声トレーニング研修を受け、その内容と訓練方法を理解した事を証明する資格です。

 各クラスの声育士は、感声アイモのめざす障害と言う言葉自体を無くす為に社会貢献する資格として全国に普及し、実際に育成指導に携わる事によってその実現を目指します。

 また、感声の指導訓練システムを早急に広範囲に作り上げると共に、社会福祉の推進と啓蒙に貢献します。
 社会貢献に使命を見つけその仕事を希望する方は、感声を修得して声育士の資格を取得してください。
 「声育士」は現在、商標登録申請中です。

資格認定

戻る
 各声育士の資格認定は、具体的に実践出来る能力で判定される実力の証明です。
感声アイモが今日までの経験と技術の上に、それを認定します。

 認定にあたっては、国語(日本語)の発声のみを対象とします。
 判定の基本は「あいうえお」「美濁音」「所定の朗読」等で行います。(基礎力判定)

 また、資格の取得にあたっては、行動力・創造力・感性力・人格など全般的な・実現能力に基づき行い、1級・2級は所定の施設で研修及び認定試験を行います。

 認定にあたっては能力のみの判定で行い年齢・性別・学歴・思想・信条・経歴・国籍・人種・宗教・政治団体・学術団体等々の所属等々での差別は一切行いません。

 ただし、公序良俗に反するもの・反社会的活動やその団体・破壊行動・自己中心的発想と行動、それぞれの考え方や特定の思想・特定の宗教等々によって主張・勧誘誘導等々を行うもの、またこれに類似する言動と行為を行うものについては声育士の認定試験が受けられませんので御注意下さい。

各クラス別の認定内容は以下の通りです。

3級声育士は、発声が鮮明で腹式呼吸法と発声訓練法を修得し、自身の心と身体の健康回復・維持・増進を実現できる「感声」能力で判定し、1・2級声育士の推薦のもとに感声アイモの声育士が認定します。

2級声育士は、発声が鮮明で腹式呼吸法と発声訓練法を修得し、成人・高齢者に発声による健康訓練が出来「感声」能力が判定の対象となります。
 心と身体の健康回復・維持・増進を実現し、3級声育士の養成に貢献します。特に養護老人ホーム、デイサービスセンター等々での訓練指導の実績により、1級声育士の推薦のもとに感声アイモの声育士が認定します。

1級声育士は、発声が鮮明で腹式呼吸法と発声訓練法を修得し、さらに感声式呼吸法(丹田呼吸)による感声発声法に到達して「感声」を自在に使いこなせるものが対象となります。
 幼児・児童・成人・高齢者など全ての人に感声の発声訓練・指導が出来る能力を検証するとともに2級・3級の声育士の養成に貢献します。
 認定にあたっては知的障害者更生施設等々で実際に「心感者(心の人)」(知的障害・精神障害と言われている人)の方々の訓練に参加しその実力を証明できたものが対象となります。
 2級声育士を経て感声アイモの声育士が認定します。

 声育士は、5級・4級・3級・2級・1級声育士を経て感声アイモの声育士が審査し、認定します。
 多くの方がそれぞれの「声育士」として活躍される事を期待します。
サイトマップ - ご意見・ご感想・お問合せ
Copyright(C) 2008 KanseiAimo All Rights Reserved.