文字サイズ(||)|サイトマップ | お問い合せ 

 独立行政法人福祉医療機構「長寿・子育て・障害者基金」助成事業
「感声による社会活躍・自立支援システムづくり事業」

 事業の目的と意義


就職するなら明朗塾
千葉県 八街市「就職するなら明朗塾」 知的障害者授産施設 定員80名
平成19年10月 5日(水)第4回研修



 施設に入ると「こんにちは」の挨拶に利用者さんたちが玄関に集まり出迎えてくれます。
 いつも御手伝いして頂く、Tさんは健康的に日に焼けた元気溌溂とした青年です。率先して荷物運びから会場の設営・発声指導の時も前に出て訓練指導のお手伝いをして下さいます。
 今回約40人ほどの方が受講して下さいました。
 最初に理事長の木村が民謡「花笠音頭」を唄いました。和やかに手拍子をして下さいます。
 今回はいつもの発声訓練の後に創作紙芝居「縄文の声」を上演(写真上)しました。
 カラス発声法の「あー、あー、あー」に場内が「しーん」となり、主人公の「小声彦」が烏の指導でどんどん声が大きくなる様子に聞き入っていました。
 「おくのほそ道」の朗読では、前に出て読む人が少しずつ増え、あまり話すのが得意でない方も一生懸命読んで下さいました。勉強して下さっている成果でしょうか、中には、木村が朗読した続きで「草加(三)と室の八島(四)」を読んで下さいました。感動です。次は「平家物語」を読みたいとリクエストされ、質問とコミュニケーションが多くなりました。積極的な会話も増え、文化祭で書いた絵の説明も嬉しそうに話して下さいました。Tさんは、発声訓練を重ね感声アイモの声育士になって「研修指導の仕事がしたい」と熱心です。
 近い将来感声アイモの声育士が1つの資格として、心の人(知的・精神的障害と云われている人)や児童青少年の育成・高齢者の健康研修で活躍し、職業になるようにしたいと願っています。美濁音(鼻濁音)の訓練にわらべうたの「かごめかごめ」を指導員の方々も一緒に皆さん笑顔で順番に指名しながら唄って下さいます。
 車で帰る時、Tさんは見えなくなるまで手を振って下さいました。ありがとうございます。
 写真下は、平成19年9月のめいろう32号の表紙と17ページに紹介された感声アイモの紹介記事です。

 
平成19年9月14日(金) 第3回研修



 今回の研修会では、理事長の木村が挨拶の時民謡の「米節」を披露しました。皆さんも手拍子をしながら笑顔になります。菅原の手伝いをして下さる方が前に出て積極的に訓練を進めて下さいます。
 横隔膜の強化と合わせて作画と機能向上の為の指はじき運動と連動した「ハッ・ハッ・ハッ・ハッ・ハッ」と声を出す訓練でも一生懸命です。
 3回目になりましたので、前に出て発表する人が大幅に増え、競って「おくのほそ道」の朗読をして下さいました。
 中には、言葉をうまく発音できない方もいますが、一生懸命声を出そうとがんばります。少しづつ自分を表現する力がついて来たように思います。わらべ唄「かごめかごめ」は次から次へと名前を呼んだり指差したりして前に出て唄います。職員の皆さんも任期があり、利用者の方に指名されて嬉しそうに唄って下さいました。職員と共にリズム感もよくとても良いチームワークです
す。

平成19年10月 5日(水)第4回研修
平成19年8月27日(金) 第2回研修



 施設に伺うとまず「こんにちは」と建物の外から挨拶します。すると元気な挨拶が帰ってきます。
「その声は、木村先生だ。」「元気な声だね。」と笑顔で声かけてくれます。
 就職するなら明朗塾は、施設全体が積極的で前向きな空気があります。
研修でも、施設を利用している皆さんが積極的に前に出て発表して下さいます。
 中には「おくのほそ道」ばかりでなく「平家物語」や「枕草子」を覚えている人もいてどんどん声が元気になっています。
職員の皆さんも一緒に参加しながら大きな声で発声しています。
 もうすぐ「おくのほそ道」を暗唱出来る人が出てきそうで楽しみです
←前のページに戻る|更に過去のログへ→
サイトマップ - ご意見・ご感想・お問合せ
Copyright(C) 2008 KanseiAimo All Rights Reserved.