文字サイズ(||)|サイトマップ | お問い合せ 

 独立行政法人福祉医療機構「長寿・子育て・障害者基金」助成事業
「感声による社会活躍・自立支援システムづくり事業」

 事業の目的と意義


みのわの里更生園
新潟県 長岡市「みのわの里更生園」 知的障害者更生施設 定員50名
授産施設・グループホーム・身体障害者施設等々も含めると 総定員265名
平成19年7月5日(木) 第1回研修

みのわの里更生園
 大きな体育館で研修を行いました。施設の理事長さんはじめ施設長・所長・事務局長・職員・実習生も含め約70人の方が参加しました。
 理事長の木村が挨拶で民謡「佐渡おけさ」を披露し「北越雪譜」より「雪吹」を朗読しました。
 発声訓練では「あいうえお」を全員で合唱し、体育館全体に響き渡る感声を楽しんで頂きました。次に、発声運動も加えて「おくのほそ道」の訓練をしました。
 始めて聞いた「おくのほそ道」を直ぐに暗唱出来る人も現れ、大変積極的でした。
教材は、毎回回収する事としていますが、どうしても勉強したいと言う方は名前を書いて大切にする事として持ち帰って頂きました。
 積極的に勉強したいと言う意欲は非常に大きいものがありました。
 また、三波春夫さんの故郷だけに特に声の良い青年がいました。すでに「感声」が出せるのには感動しました。
 最後に、「かごめかごめ」と「通りゃんせ」を合唱した時は、身体でリズムを取り踊り出す人もいました。
後に、施設長さんから「いつもはじっとすることが出来ない方も静かに参加し、声を出さない人まで声を出したのには驚きました」とお話し頂きました。

平成19年8月7日(火)第2回研修
←前のページに戻る
サイトマップ - ご意見・ご感想・お問合せ
Copyright(C) 2008 KanseiAimo All Rights Reserved.